この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

あなたはどっちを選ぶ?金融機関の融資と株主の出資

金融機関から借りるメリットとデメリット

間接金融の場合、会社による金融機関などからの資金調達の時、借りる側と貸す側が指定の契約を結ぶことで関係を築きます。
これによって、会社側が責務者になります。
いろんな金融機関からの資金調達の時には、当然のごとく会社代表者が連帯保証人になることを求められています。
または、会社代表者ではない人の連帯保証人などを求められることになります。
金融機関等からの借り入れによる時、それらは会社の株主ではありません。
しかし、会社の経営状況に関わらず、元本の返済と利息の支払いをしなければならないので、会社にとって負担が大きくなっていきます。この点が株主への対応とは異なる注意点として挙げられるでしょう。
この点は難しい話ですので、色々な情報から学ぶようにしてください。

出資してもらうメリットとデメリットは?

最も身近な手段として、株式が挙げられます。
これを売ることで資金を集めるのが多くの株式会社の資金調達における常とう手段となります。
配当については事業でも受けが発生するまでは特に考えることはありません。
株式の発行で払い戻しが必要となった際は簡単にはいかず、法律に則って手続きを進めます。
一般に払戻しの必要はありません。
株主となった人は事業に色々と介入する権利を持つため、この点も十分に配慮した上で検討すべきでしょう。
また、出資者の持っている株の比率を考えておかないと、あとで経営権でもめることにもなりかねず、実際にそういうケースも報告されています。
特に、知り合いと共に事業を興す場合はこの点を前もって話し合っておくべきです。
後でもめることにならないように事前に策を講じておくべきです。