この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

資金調達を成功させる事業計画書の作り方を調べてみた

資金調達を有利に進める事業計画書の作り方

事業“計画書”だから、「今後の計画を書けばいい」と考えている会社経営者は多くいます。
しかし、それだけでは足りません。
融資担当者が理解してくれるように、情報企業の数字以外の定性情報など、計画以外の情報も書き込むことが大切です。
計画書の中に「企業の方針」「代表者や経営陣の自己アピール」「従業員・パートの状況」「市場環境・競合状況・会社の特徴やこれからのやる仕事内容について」などを書くのもおすすめです。
その他にも、会社の改善点や数年の業績についてのことなどを、書いてみるのもおすすめです。
今回の借りる予定の資金の使い方も丁寧に書いたうえで、金融機関を不安にさせずしっかり返済意思もあることをアピールしましょう。

銀行に事業計画書を提出するメリット

金融機関に事業計画書の提出を求められる前に、自分の意思で提出するといいと思います。
自ら提出をすると、「融資担当者が会社のことを理解してくれる」「融資の審査期間を短縮」というメリットがあります。
銀行へ借入を依頼した際に、事業計画を口で説明するだけでは、時間がかかるります。
また、うまく伝わらないこともあります。
借入担当者が知りたい情報を詰め込んだ事業計画書を提出すれば、短時間で明確に伝わり一々細かく説明する必要がなくなります。
細かい説明がない分、早く審査に回せ審査期間の短縮にも繋がります。
もし決算書など数字に変な箇所があり、信用格付けが低い場合、審査の難易度は高くなります。
しかし、事業計画書に経営改善の具体的案を記載し、今後の収益向上の見込みをしっかりと示せば、金融機関は過去の数字だけではなく、将来を考えた審査や判断をしてくれます。